Romeo Marcantuoni
ロメオ・マルカンチュオーニ

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科所属
日本野党政治研究者

自己紹介

私は日本のリベラル野党の言説を研究する博士課程学生です。主に一党優位政党制の下で、野党の言説を形成するナラティブ及び情動を引き出す表象に焦点を当てて分析を行っています。2021年に行われる予定の衆議委員選挙も研究の枠組みで取材するつもりです。

学歴

  • 2020 - 現在
    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程 (在籍中)
  • 2019 - 2020
    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科研究生
  • 2015 - 2016
    ルーヴェン大学(ベルギー)文学部地域研究科日本学専攻修士課程
  • 2015
    皇學館大学 三重県伊勢市3週間滞在スタディプログラム
  • 2013 - 2014
    立教大学文学部留学課程
  • 2010 - 2014
    ルーヴェン大学(ベルギー)文学部地域研究科日本学専攻学士課程

職歴

  • 2019 - Present
    早稲田大学 アカデミック・ライティング・センターのティーチングアシスタント
  • March 2020 - June 2020
    一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ インターンシップ